トラックの追加

やっとの思いで前回Pto Toolsを起動し、セッションを立ち上げたと思いますが、空のセッション(新規セッション)を立ち上げた場合、おそらくひとつもトラックが立ち上がっていないでしょう。
もしくは、クリックトラックのみかと思います。

初心者にありがちな「音がでない><」以前に音が存在していないという状況です^^;

というわけで本日はトラックを立ち上げていきます。
ちなみにトラックを立ち上げる所までなので今日も音はでません・・・(土下座)

トラックの種類

新規にトラックを立ち上げる前にトラックの種類について軽く触れときます。
とは言え、触り始めたら一瞬で理解できると思うの代表的な使い方を超ざっくり説明します(笑)

■Pro Toolsにおけるトラックの種類
・オーディオトラック – レコーディングした音など扱います
・インストゥルメンタルトラック – 打ち込みの際しようします、みんな大好きですよね←
・MIDIトラック – MIDIデータを扱います、このトラック自体で音が出る訳ではありません
・AUX入力- バスで送ったり・・・ステムにまとめたり・・・とりあえず今は深く触れません!
・マスターフェーダー – 基本的に全ての音が最終的にここのトラック(フェーダー)にまとまります

また、各トラック毎にモノラルかステレオを選択できます。

各トラックについてはまたの機会に詳しく説明しますのでしばしお待ち下さい・・・

スポンサーリンク

トラックの追加方法

■マウスを使って
・画面上部のメニューバーから”トラック”を選択
・”新規”をクリック
・各項目を選択し、右下の”作成”をクリック
・同時に複数種類のトラックを追加したい場合は右の”+”をクリック
・新規トラックが追加されます!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-23-56-33

■ショートカットを使って
・command+shift+Nで上記画面が表示
・command+ ← or →でMonoとStereo切り替え
・command+ ↑ or ↓ でトラックの種類を切り替え
・command+Nでさらにトラック追加
・return or enter で完了
・新規トラックが追加されます!

(※Windowsの方は若干キーボードの名称やショートカットが違う場合もあります)

まとめ

・トラックの種類を覚える
・各項目を指定しトラックを作成する

 

One comment

Comments are closed.